株式会社トミオ

まずは資料請求 メールでのお申し込み お電話でのお申し込み

つながりが生まれる心地よい暮らし

mio23_9.jpg 冬晴れの日差しに包まれたある日、落ち着きのある住宅街に佇むさとこさんのお家を訪ねました。お引き渡しから3年半、打合せ中はまだ小さかったさほちゃんと、お腹の中にいたまほちゃんもすっかり大きくなって、わたしたちを庭先で迎えてくれました。
レンガが並べられたかわいいお庭や、アーチの入口のシューズクローク・・・さとこさんらしい、ナチュラルで優しい空間が広がっています。春にはお姉ちゃんになる2人。「家族みんな、ほとんど一階で一緒に過ごしているんです。」と話してくれたさとこさん。家族が増えても、和室やデッキとつながったリビングスペースは、子供たちがのびのび遊べる空間のまま、ゆったりと過ごすことができそうです。
ご近所の方ともすっかり馴染んで、お隣に引っ越してきたご家族とも仲良くなり、お気に入りのデッキで一緒にバーベキューをすることも。お庭とつながる開放的な空間があるからこそ楽しめる暮らしを、家族みんなで満喫しているようです。お庭の片隅にあるのは、さとこさんのお母様の趣味だという家庭菜園。日当たりが良く、たくさんの野菜が育つので、子供たちと一緒に野菜を収穫してご近所へおすそ分けをすることもあるそうです。ご夫婦とも働いていて忙しい中でも、たくさんの方と関わりながら過ごせるのは、いつも笑顔が絶えないさとこさんご夫婦のお人柄だと、しみじみ感じました。
最初は少し恥ずかしそうにしていたさほちゃんとまほちゃん。気が付くと元気いっぱいに遊んでいて、家族が増えたら、さらに笑顔が増えて楽しい日々になるんだろうなぁと思いつつ、みんなで手を振るご家族に見送られながらお家を後にしたのでした。

 

mio23_10.jpg mio23_11.jpg mio23_12.jpg mio23_13.jpg mio23_14.jpg mio23_15.jpg mio23_16.jpg mio23_17.jpg

 

取材/スマリエ 田中聡

 

投稿者 tomio : 11:11 | コメント(0)

重ねていく家族の時間

mio23_1.jpgひんやりとした空気の中にあたたかな日の光を感じる午後、明るい笑顔が印象的なしんこさんのお家を訪ねました。
お家のあちこちにドライフラワーやお気に入りの雑貨が飾られた空間は、ほっとする優しさに包まれています。取材中に「ただいまー!」と玄関を開けてすぐに顔を見て「ただいま」「おかえり」が言える暮らしに憧れていたというしんこさん。ここでの暮らしが、仲良しの家族の距離をさらにぐっと近づけたようです。
ゆったり広々としたリビングで、パパと元気に遊ぶ子供たち・・・「この姿をダイニングでお茶を飲みながら眺めるのが、とっておきの時間なんです。」と話してくれました。家族に向ける優しい笑顔が、お家を包みこむ穏やかな雰囲気のもとになっているようです。
お家の一角には、スクラップブッキングの先生でもある、しんこさんの小さなアトリエがあります。週に2~3回、生徒さんをお家に招いて教室を開いたり、イベントでワークショップを開くことを考えていたり・・・そんな忙しい日々でも、家族のことと自分の時間、両方を大切にされている毎日はとても充実しているようでした。「お家の飾りつけは自由にやらせてもらっています。」と笑って教えてくれたしんこさん。お引き渡しから約2年半、しんこさんらしい色に染まったお家は、いつまででも居たくなってしまうような、そんな心地いい空間でした。

 

mio23_2.jpg mio23_3.jpg mio23_4.jpg mio23_5.jpg mio23_6.jpg mio23_7.jpg mio23_8.jpg

 

取材/コーディネーター 鈴木富美子

 

投稿者 tomio : 13:48 | コメント(0)

夫婦の「好き」を集めたら・・・

mio22_10.jpg心地よく吹く風に秋の気配を感じたある日。訪れたのは、趣のある木製の扉と丁寧に手入れされたお庭が印象的なしずかさんのお家。ご主人が大切にしているレトロな車がとても似合う、まるで外国にあるような佇まいです。
お庭やお家の中に素敵に飾られている草花は、お花屋さんで働くしずかさんがセレクトしたもの。季節の彩りやお気に入りが並ぶ空間は、穏やかな優しさに包まれているようでした。
「打合せの時、選ぶものがほとんど主人と一緒で、改めて好みが似ているんだなって気が付いたんです。」と嬉しそうに話してくれたしずかさん。同じものにいいなと思えるご夫婦が考えて選んだものに囲まれたこのお家は、娘のノノカちゃんとカノコちゃんにとっても自慢のお家。お友達が来ると、みんながかわいいと言ってくれて、2人もお家が大好きなことを教えてくれました。
「以前マンションに住んでいた時よりも、子供たちがのびのび遊べるようになったことが一番良かったです。」と言うしずかさんの言葉通り、元気いっぱいの2人。昨年のクリスマスには、ハリネズミの「たわし」ちゃんが家族に仲間入りして、家族の笑顔もさらに増えたようです。ずっとペットを飼いたかったノノカちゃんとカノコちゃんが、楽しそうにたわしちゃんと遊ぶ姿に、こちらまで嬉しい気持ちになりました。お引き渡しから3年半経って、たくさんの思い出が刻まれてきたしずかさんのお家。いつか、お気に入りのタイルが貼られたかわいい洗面台の前に、3人が並んで身支度する日も来るのかな、と想像しながらお家を後にしたのでした。

 

mio22_11.jpg mio22_12.jpg mio22_13.jpg mio22_14.jpg mio22_15.jpg mio22_16.jpg mio22_17.jpg mio22_18.jpg mio22_19.jpg

 

取材/トミオスタッフ 松岡沙紀

 

投稿者 tomio : 16:58 | コメント(0)

ものづくりの輪が広がるお家

mio22_1.jpg真夏の焼けるような日差しが少し和らいできた頃、静かな住宅街に佇むサチコさんのお家を訪ねました。10日ほど前に新しく家族になった、愛犬のニコちゃんと一緒に笑顔で迎えてくださったサチコさんご家族。お家のあちこちに雑貨やドライフラワーが飾られていて、そのかわいさに思わず見とれてしまいました。
お家の中で目を引くのは、カラフルなキャンドルや手作りの家具たち。「お家が完成してから、トミオの雑貨イベントで周りから刺激をもらってキャンドルづくりを始めました。」というサチコさん。今ではトミオのイベントには欠かせない作家さんです。「実は物置だった階段下をアトリエにして、お家で教室を開くことができたのもトミオさんにお家を建ててもらったおかげなんです。」という言葉に、思わずこちらまで笑顔になってしまいました。
趣味が増えたのはご主人も一緒。ダイニングのベンチやソファの脇のミニテーブル、サチコさんのキャンドルを飾る棚・・・ご主人が作った数えきれないほどの作品は、家族を想って作られたものばかり。愛犬のニコちゃんと楽しそうに遊ぶ娘のメイちゃんとルイちゃんがこのお家を大好きなのは、きっと、サチコさんとご主人がお家での毎日を楽しんでいるからこそなんろうなぁと感じました。
サクサクの手づくりスコーンと一緒に、最近習い始めたというかわいいラテアートを用意してくれたサチコさん。お家を建てたことをきっかけに、前向きにいろんなことにチャレンジしている姿に笑顔をもらったひと時となりました。

 

mio22_2.jpg mio22_3.jpg mio22_4.jpg mio22_5.jpg mio22_6.jpg mio22_7.jpg mio22_8.jpg mio22_9.jpg

 

取材/スマリエ 菊地勉

 

投稿者 tomio : 16:13 | コメント(0)

素敵な時間が詰まったお家

雨が上がってすっきりと晴れ渡ったある日、心地良い風に包まれながら、いつも素敵な笑顔が印象的なまほさんのお家を訪ねました。
まほさんはブーケやリースなどを作っている、フラワーアレンジメントの作家さん。玄関を開けると正面にあるアトリエには作品がたくさん並んでいて、思わず見入ってしまいます。トミオのイベントにもよく参加してくれているまほさんが、「お家を建てたことで良かったのは、優しくて楽しい手作り仲間ができたことです」と教えてくれました。お家には手作り仲間の作品も飾られていて、つながりを大切にしているまほさんの想いが家中に溢れているようでした。
ここに引っ越してきてからは、ご主人の料理好きが開花して、休みの日にはお料理を作ってくれるそう。この日もおいしいパスタを振る舞ってくれたご主人。半年に1度会社の同僚を招いて開かれるお食事会では、まるで料理人のようにお料理を振る舞っているんだそうです。 そんなご主人とまほさんが夢中なのは、1年ほど前にやってきた愛犬マーニ。カメラを向けるとこちらを見てくれるモデルのようなマーニは、実はとてもやんちゃで、マーニにかじられてしまったラグや家具もありますが、そこにも愛着を感じるほど「この家とマーニが私たちの宝物」と話すまほさんはとても幸せそうでした。 このお家から生まれるお話のひとつひとつが温かくて、来る人みんなを笑顔にする、そんなまほさんらしい暮らしが詰まっていました。

 

           

 

取材/スマリエ 菊地勉

 

投稿者 tomio : 14:34 | コメント(0)

まずは資料請求メールでのお申し込み

最新の投稿

株式会社トミオ
〒262-0013 千葉県千葉市花見川区犢橋町 1622-4 TEL043-259-1301

サイトマップサイトポリシー

チーム6% JHP・学校をつくる会を支援 財団法人日本盲導犬協会