< 一覧に戻る
2019/07/14
スタッフブログ

勾配天井が生む、開放感のある暮らし

トミオがご紹介する家づくりのお役立ち情報。今回のテーマは、勾配天井(こうばいてんじょう)です。

家づくりをこれから本格的にしようと思っている方にはあまり聞きなれない言葉かもしれません。
「勾配天井」とはその字のとおり、天井を屋根の傾斜(勾配)にあわせて斜めにした構造のこと。
トミオでも人気のつくりで、最近は特に平家の家でも取り入れる方が多くなっているんですよ。

勾配天井を採用した「伸びやかな平家」(千葉県君津市)

伸びやかな平屋の天井勾配

天井が高くなり、ぐんと広がる開放感

勾配天井にするということは、通常は見えなくしている屋根裏部分を開放して見せる、ということ。
その分、天井が高くなり空間が広がるため、一般的な天井の仕様より開放感が出ることが1番の特徴です。
2階をリビングにした間取りの家はもちろん、最近人気の平家の家でも、自然光が入り明るさを保ちやすくなるという点で勾配天井を選ぶ方も増えているようです。

高い部分に窓を設置でき、風通しがよくなるというメリットも

勾配天井にするメリットは風通しの良さにもあります。部屋の高い位置に窓を設置できるようになるため下からの風が吹き抜け、家全体に風が通りやすくなるのです。暑さ寒さについ閉めきりにしてしまいがちな家でも空気の入れ替えがしやすく、快適に過ごすことができます。

天井勾配で明るく風通しの良いリビングに「家族と住む西海岸の家」(千葉県船橋市習志野台)

2階リビング(勾配天井)のサーファーズハウス

天井をふくめた空間全体を演出する楽しさも

勾配天井の場合、家を支える梁がそのまま見えることに。そのため、梁も含めた空間全体をインテリアとして考えることも大切です。 また、部屋の明るさを確保しながら雰囲気の良い空間をつくるために、どこに照明を配置するかなどの計画も必要でしょう。 勾配天井の仕様は屋根の形によっても異なり、何が良いのかアレやコレやと考えなければならない分手間はかかりますが、その工夫も家づくりの醍醐味の1つ。 手をかけた分、自分の理想の暮らしにあった空間に近づけることができるはずです。

勾配天井でリゾート感を演出「米軍ハウス×リゾート」(千葉県市原市)

勾配天井で開放感を演出

明るい自然光とともに、家全体を明るく開放的にしてくれる勾配天井。
自分らしい暮らしのヒントに、「勾配天井」を検討してみてはいかがでしょうか。

————
株式会社トミオ(TOMIO CORPORATION)
〒264-0024 千葉県千葉市若葉区高品町250-1
TEL.043-309-5617
FAX.043-309-5637
営業時間:10:00〜18:00
定休日:水曜日
http://www.tomio.co.jp/

< 一覧に戻る