< 一覧に戻る
2019/11/13
スタッフブログ

“世界に1つ”が叶う、塗り壁の魅力

トミオがご紹介する家づくりのお役立ち情報。今回のテーマは、“塗り壁”です。

家の雰囲気や佇まいを印象づける大切な要素である外壁。
サイディングやタイルなどその時代ごとに様々な外壁が注目を集めますが、トミオでは昔からの手法である「塗り壁」も根強い人気を誇っているんですよ。

トミオの施工事例:mamanの家(森に佇む絵本で見たような家)

塗り壁の家(335 森に佇む絵本で見たような家)


塗り壁の良さとは?

塗り壁の魅力は何と言ってもその独特の風合いではないでしょうか。
最近人気の「サイディング」は機械的な一括生産のためデザインバリエーションが豊富な割にコストも抑えられるというメリットがある一方で、整然とした均一感にどこか冷たさを感じたり、オリジナリティという面で物足りなさを感じる、といったこともあるようです。

▼均一化されたボードを張り合わせていく「サイディング」の外壁

サイディングの外壁イメージ

その点、塗り壁はその1ぬり1ぬりが左官職人さんの手作業。
例えばトミオで人気のデザイン「mamanの家」でもよく塗り壁が用いられています。
白やクリーム色の温かな風合いの壁は、まさに絵本に出てくる家のよう。
模様のつけ方や吹き付けの具合など、繊細なデザインや仕上げによって、人工的に作られたものでは叶えられない世界に1つだけの家を作り上げることもできます。
また外壁のほか、部屋の壁の一部を塗り壁にしてもおしゃれなカフェのように素敵に仕上がります。

▼塗り壁の外壁

塗り壁イメージ

自然素材で人にやさしい塗り壁

漆喰や珪藻土(けいそうど)など自然素材を用いる塗り壁は性能面でも注目を集めています。
特にシックハウス症候群やアレルギーなど、特別な配慮が必要な場合には化学物質を含まない塗り壁を選ぶと安心です。


塗り壁のデメリットは?

一方で、塗り壁を選ぶ上で気をつけたいことは、職人さんの手作業であるがゆえにある程度の費用や工期がかかる点と、伸縮性のない素材であることでひび割れのリスクがあるという点。
大切なことは、見た目とメンテナンス頻度などの機能性、その両面のバランスをどうとるか。
多少の傷や汚れであれば上から塗装し直すことで修復することもできるので、メリット・デメリットを含めてトミオのスタッフと一緒に考えていきましょう。

我が家にぴったりの外壁を「ウェルカムハウス」でチェック

いざ家を建てようと思っても、イメージ通りの家や外壁を自分たちだけで探すのは大変です。
また、たとえ外壁のサンプルを取り寄せたところで、実際の家にしたときのイメージはつきにくいものです。
そんなときにはぜひトミオのウェルカムハウスを利用してみてください。
ウェルカムハウスとは、トミオで注文住宅を建てたオーナーさんが引越しをする前に特別に公開してくれている家のこと。
毎月開催していて、オーナーさんの想いや工夫がたくさん詰まった様々なタイプの家を見ることができます。 家の雰囲気や佇まいはもちろん、「どんな外壁にしているんだろう」などパーツごとにアンテナをはってチェックしてみると参考になるはずです。 もちろんトミオのスタッフもいるので、気になることがあれば気軽に聞いてみてくださいね。
▼最新のWELCOME HOUSE開催予定 https://tomio.co.jp/2019/10/11827/

 

————
株式会社トミオ(TOMIO CORPORATION)
〒264-0024 千葉県千葉市若葉区高品町250-1
TEL.043-309-5617
FAX.043-309-5637
営業時間:10:00〜18:00
定休日:水曜日
http://www.tomio.co.jp/

< 一覧に戻る